ゴルフ スイング

飛距離は、ゴルファーにとって大きな課題の1つです。高齢になり、筋力の衰えから飛距離が落ちてしまうケースや、ゴルフ初心者がある程度楽しめるようになったものの、その次には、やはりドライバーの飛距離で悩んでしまいます。
MENU

ゴルフの飛距離を伸ばす為に超軟質シャフトでスイングチェック

飛距離は、ゴルファーにとって大きな課題の1つです。高齢になり、筋力の衰えから飛距離が落ちてしまうケースや、ゴルフ初心者がある程度楽しめるようになったものの、その次には、やはりドライバーの飛距離で悩んでしまいます。

 

どうしてもここで、飛距離について、クリアしていかなければならないのですが、果たして自分のスイングは、きちんとしたスイングが出来ているのかということも問題になってきます。基本に忠実で、一番シンプルなスイングであるかどうか、又はどれだけ進歩しているのかなどについての自分のスイング映像をチェックしてみるのも良いのではないかと考えます。

 

あるゴルフスクールでは無料体験コースで、自分のスイング映像を撮影し、わかりやすく解説してくれるのだそうです。貸しクラブ・貸しシューズも全て無料で、手ぶらでOKだそうです。基本に忠実なスイングをすることによって、ドライバーの飛距離もアップしてくるのではないかと考えます。

 

自分のスイングがチェックできたら、次に考えられるのは、素振りをしてみることです。野球の素振りでもそうであるように、繰り返し振ってみることによって、やはり基本に忠実なスイングをしているかチェックするのに最適です。

 

特に、リョーマゴルフの練習用クラブの1つには、超軟質樹脂シャフト・発砲ウレタンヘッドを使用したゴルフクラブ(9500円+税)があります。実際のゴルフクラブとは、重さが全然違っていて、ちょうど水道のホースやタオルを振るように軽いです。実際にプロゴルファーが素振りに、取り入れている練習器なのだそうです。

 

ホースのようなシャフトを振ることで、実際のシャフトのような重さがない分だけ、自分自身でバランスを取りながら、リズムよく振ることが出来るようになります。それはプロであろうと、初心者であろうとレベルに関係なく、そのプレイヤーの一番シンプルなスイングを最大限に引き出してくれるのです。

 

参考サイト:シニアゴルファーにおすすめしたい飛ぶドライバーランキング

 

本当に理に適っていて、ゴルフを知っている人であれば、誰もが認める製品ではないかと考えます。又当然、飛距離アップにも繋がってくるのではないかと考えます。

 

又例えば野球で言うと、デビューからずっと速球派だった投手が、ケガや故障を機に軟投派に転向し、変化球を覚え球速は落ちても、制球力でもってその後何年も活躍するというように、ゴルフもやはり、一度基本に忠実なスイングさえ身に付けてしまえば、例え飛距離が落ちても、それほど気にならないのではないかと考えます。

 

60代から30ヤードも伸びた奇跡の高反発ドライバー

このページの先頭へ